パターン学習による思考停止状態と論理的思考力


小学生と中学生とでは方程式の解き方が異なります。小学生の場合は「1に何を足したら3になるかな」と考えます。一方で中学生の場合は移項という概念を利用して機械的に解きます。小学生の考え方では複雑な方程式を解くことが困難になります。しかし、中学校で学ぶ解き方を利用すればどんな複雑な方程式も解くことができます。数学における法則や公式は非常に便利なものであることがわかります。

数学における公式は例えば、料理におけるインスタント食品の様なとても便利なものです。インスタント食品を使って料理をする人のことを料理人と呼べるでしょうか。それと同じ様に根拠もわからず公式を利用するだけでは、数学の学習としては不十分であると思います。一見すると複雑な計算をこなして満足感を得られます。しかし、計算というレールに乗って時には公式という便利な乗り物に乗って計算をスイスイと進めますが、ふと振り返った時にどのような道をたどって来たかという点には無頓着であったり、何を求めていたのかを見失うケースもあります。この現象はパターン学習が引き起こす思考停止状態です。

公式やパターン学習だけで解ける問題は面白くありません。多くの問題集は昔から引き継がれた焼き回しがほとんどです。姿形を変えて定期的に新刊が出版されますが、本質的には中身はほぼ同じです。その代表として多くの受験生が受けるセンター試験は処理の早さを問う問題が多いため、より一層公式が重宝されます。いかに素早く正確に処理をこなうことができるかを問われている。論理的な思考力というよりは小手先のテクニックを問われていると解釈することもできます。論理的な思考力というものは主体的に論理展開できる思考力であって、丸暗記した論理展開をツラツラと書き下すものではありません。

以上の様な問題点はすでに顕在化してはいるものの、根本的な解決を目指すには試験問題が変わらなければ難しく、具体的な対策することは一筋縄ではいかないわけです。なぜなら多くの学生が受けるような試験には公平な採点基準が不可欠ですが、論理的思考力を問う記述式の解答の評価方法の画一化と問題を作成することは簡単なことではないからです。これに対して我々は試験で高得点をとることを最終目標ではなく通過点として、点数至上主義に一石を投じるような存在でありたいと思います。


31回の閲覧

小学・中学・高校のための学びの場

体験授業・資料請求・お問い合わせはこちらから

070-6508-5257

平日10:00~22:00 土曜10:00~20:00

​小学生

  • 作文

  • プログラミング

  • 英語

  • ​算数

小学・中学・高校のための学びの場

〒607-8178 京都府京都市山科区大宅​五反畑町1-27

中学生

  • 数学

  • 英語

  • 理科

  • 国語

  • ​社会

​高校生

  • 数学

  • 英語

  • 物理

  • ​化学

椥辻 東野での塾は数理科ハウス|京都市山科区の塾|中学受験・高校受験・大学受験を目指す人のための基礎学力・応用力・発展力を育む教育機関です。京都市山科区大宅,音羽での個別指導はお任せください|LD(学習障害)の分野に精通した社会人講師が授業を担当します|地下鉄東西線椥辻駅・東野駅から徒歩10分

当サイトで配信されている、画像・テキスト・音声・動画などの著作物は著作権法により保護されています。
これらの著作物の複製や、転載、それに準ずる行為を本校に無断で行うことは、著作権法で認められる場合を除き、固く禁じます。

Copyright © 2017 by 数理科ハウス All Rights Reserved.