考える力を育てるための取り組み



中学生用の問題集には市販のものと学習塾にのみ卸されるものがあります。学習塾用の問題集は種類は充実していますが、優れたものはそう多くはありません。退屈な反復練習を促すものはほとんどではないでしょうか。物事を学ぶ際に重要なことは「これがこうだから、あれがこうなる」といった論理的なつながりを理解することではないでしょうか。しかし、その論理のつながりが断ち切られて、断片的な知識を寄せ集めることで学習を終わらせている点が非常に問題です。世の中に出回っている問題集・参考書に収録されている問題は断片的な知識の知識を当てはめるだけで解けてしまうばかりです。このような単調な問題の繰り返しでは固定化した思考に陥り、自由な発想や独自の考えが生まれることは難しいでしょう。

当塾ではそのような指導に適した「算数ラボ」という教材を使用しています。計算などのように反射的に解ける問題ではなく、よく考えないと解けない問題にたくさん触れることで考える力を育てるトレーニングを行います。

以下参考にして下さい。

http://www.kogaku-pub.com/product/search_detail.php?product_id=175

特に勉強が苦手な子は勉強をすることを嫌いがちですが、この教材なら楽しく取り組むことができるでしょう。また、10級から6級までレベルが別れているので自分の学力に合わせて問題を選ぶことができます。目安として10級は小学1・2年生、6級は中学1年生と設定されていますがあまり気にすることなく自分のレベルに合わせることの方が重要です。また、私立中学入試の対策としても十分利用することができるため、幅広い活用法が期待できます。

このような経験は小学生のうちにたくさんさせておくことで、自由に考える習慣がつき中高生になっても問題を提案された解法で解くだけでなく多面的に捉えることで別解を生み出すことができるようになります。型にはまらない自由な発想を今後の学習に活かしてほしいです。そして自力で作り出した独自の考え方を尊重してほしいものです。


最新記事

すべて表示

当塾の授業の様子

成績不振(テストの平均点を下回る場合)が原因で入塾された中学生の場合の授業の様子について説明します。 入塾された生徒さんには、最初に学び直しの機会を与えます。1ヶ月〜2ヶ月かけて過去の学習内容を理解しているかどうかを確認します。特に数学と英語は学習の理解を積み重ねることが必要な科目なので、学び直しの作業は必須です。小学校で学んだことをしっかりと理解している生徒さんは理解がスムーズに進みますが、そう

報酬と自発的行動

報酬と自発的な行動に関する興味深い実験があります。 パズルが解けたら金銭的な報酬を与える群と、解けても何も報酬を与えない群に分けて、大学生に対して3日間の実験を行ないました。実験の合間の自由時間にどれくらい自発的にパズルを解くかが観察されました。報酬有りの群は、2日目までは熱心にやり続けるが3日目に急に興味を失いました。一方で、報酬無しの学生は興味をもって3日間続けました。 また、お絵かきをしてい

心理学者アドラーの教え

​子供を注意する時、どうしても叱ってしまう。怒りを沈めることが出来ないという悩みを持つ親に対して、心理学者アドラーは言います。「あなたは感情をコントロール出来るはずです。なぜなら、子供を叱っている最中に電話が鳴る。電話に出た次の瞬間から怒りを沈めて、電話の相手といつもと同じ様に会話をすることが出来るはずです。つまり、あなたは子供に対して注意する時、あなたが怒りたいから怒っているのです。」 人間は感

小学・中学・高校のための学びの場

体験授業・資料請求・お問い合わせはこちらから

075-591-9001

平日10:00~22:00 土曜10:00~20:00

​小学生

  • 作文

  • プログラミング

  • 英語

  • ​算数

〒607-8178 京都府京都市山科区大宅​五反畑町1-27

小学・中学・高校のための学びの場

中学生

  • 数学

  • 英語

  • 理科

  • 国語

  • ​社会

​高校生

  • 数学

  • 英語

  • 物理

  • ​化学

椥辻 東野での塾は数理科ハウス|京都市山科区の塾|中学受験・高校受験・大学受験を目指す人のための基礎学力・応用力・発展力を育む教育機関です。京都市山科区大宅,音羽での個別指導はお任せください|LD(学習障害)の分野に精通した社会人講師が授業を担当します|地下鉄東西線椥辻駅・東野駅から徒歩10分

当サイトで配信されている、画像・テキスト・音声・動画などの著作物は著作権法により保護されています。
これらの著作物の複製や、転載、それに準ずる行為を本校に無断で行うことは、著作権法で認められる場合を除き、固く禁じます。

Copyright © 2017 by 数理科ハウス All Rights Reserved.