学校の英語教育に思うこと


「日本の英語教育は意味がない。」「6年学んでも話せるようになれない。」という言葉をよく耳にしますが、全くその通りだと思います。

私が受け持っている生徒さんが通う学校の英語の授業の様子を伺っていると、話すどころか英文を読むことすらできないのではないかと思います。

進出単語、文法、重要例文のインプットにとどまるだけで、実戦への運用が不十分です。受験用の英語の学習であるならば、初見の長文を正確に読めるようになることがまず第一の目標でしょう。であるならば、教科書の文だけでなく様々な文に触れることが必須ではないでしょうか。ところが、授業で出される課題は「ノートに単語や例文を◯◯ページ書き取ったものを提出する」といった、機械的な作業のようなものばかりです。時間は有限です。英語にかけることができる時間も限られています。その時間を暗記作業に費やすのは正しいことだと思えません。


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

パターン学習による思考停止状態と論理的思考力

小学生と中学生とでは方程式の解き方が異なります。小学生の場合は「1に何を足したら3になるかな」と考えます。一方で中学生の場合は移項という概念を利用して機械的に解きます。小学生の考え方では複雑な方程式を解くことが困難になります。しかし、中学校で学ぶ解き方を利用すればどんな複雑な方程式も解くことができます。数学における法則や公式は非常に便利なものであることがわかります。 数学における公式は例えば、料理

小学・中学・高校のための学びの場

体験授業・資料請求・お問い合わせはこちらから

070-6508-5257

平日10:00~22:00 土曜10:00~20:00

​小学生

  • 作文

  • プログラミング

  • 英語

  • ​算数

小学・中学・高校のための学びの場

〒607-8178 京都府京都市山科区大宅​五反畑町1-27

中学生

  • 数学

  • 英語

  • 理科

  • 国語

  • ​社会

​高校生

  • 数学

  • 英語

  • 物理

  • ​化学

椥辻 東野での塾は数理科ハウス|京都市山科区の塾|中学受験・高校受験・大学受験を目指す人のための基礎学力・応用力・発展力を育む教育機関です。京都市山科区大宅,音羽での個別指導はお任せください|LD(学習障害)の分野に精通した社会人講師が授業を担当します|地下鉄東西線椥辻駅・東野駅から徒歩10分

当サイトで配信されている、画像・テキスト・音声・動画などの著作物は著作権法により保護されています。
これらの著作物の複製や、転載、それに準ずる行為を本校に無断で行うことは、著作権法で認められる場合を除き、固く禁じます。

Copyright © 2017 by 数理科ハウス All Rights Reserved.