中学生

中学生の授業について

中学生

​こんな生徒さんにオススメです

  • 私立中学校に通っているのですが、学校の進度に合わせてほしい。 

  • 学校の授業を先回りしてほしい。 

  • 勉強の方法がわからない。 

  • 好きな科目ばかり勉強してしまう。 

  • 小学校の勉強からやり直してほしい。 

  • 家では勉強できない 

  • 集中力が続かない。

学び直し最優先

「好きな科目は進んで学習するが、嫌いな科目は教科書を開く気にすらならない」「どこから手をつけていいのか分からない」「今さらこんなこと聞けない」という生徒さんには気軽に質問できる存在が身近にいることが必要だと思います。一緒に成績不振の原因を探してみましょう。場合によっては、小学の学習内容の理解度を確認する必要があります。
 

定期テスト重視

中間テスト・期末テストの対策を重視しております。学校の授業の進度と並行して授業を行います。定期テストで80点以上の得点を挙げることを目的としています。

発展応用学習

学校の授業に対して退屈さを感じている生徒さんには発展的な学習を提案致しております。プログラミングによるシューティングゲームの作成や、将来世界を舞台に活躍することを想定し英語で書かれた数学の問題を解いていただいております。数学と英語を一度に学べる一石二鳥の学習効果があります。

プログラミング 想像力と論理的思考力を引き出す

指導分野

国語

国語力の土台作りを目的とした演習

すべての学習の土台は国語です。数学・理科・社会とすべての科目は日本語で書かれているため、文章を正しく読み取る力がなければ問題を解くことができません。特に英語の習得には言語能力が必要とされるので、国語はすべての学習の土台と言えます。人間をことばを使って物事を考えるため、言語力は思考力に直結しています。 

数学

4段階のレベル別テキストで生徒の学力に合わせる

数学という科目は、英語と同様に学習の積み重ねが必要な科目です。多くの生徒さんは分数の計算や文章問題などに対して苦手意識を持つ傾向にありますが、なるべく早めに克服しなければなりません。 
 

また、英語や社会と異なり、暗記事項が少ない科目とも言えます。その代わり、計算などの手順を頭に入れるために多くの問題を解く必要があります。

 

また、計算過程の途中式を書かずに暗算で問題を解こうとする生徒さんも多く見受けられすが、そのような解法も適切な解法とは言えません。自分の試行展開を式に表すことで、自分がどこまで理解しているのかが明確になります。最初は、急がず焦らず落ち着いて計算しましょう。慣れてきたら、計算のスピードを追求する様にしましょう。

英語

多読多聴と多面的な学習の繰り返し

英語という科目は、学習の積み重ねが必要な科目です。つまり、中学一年生の授業で学ぶ英文法の内容を理解していないと、その後の英語の学習に支障をきたすことになります。そのため、今の段階で英語の成績が振るわない生徒さんは、復習することを提案します。 

 

また、英文法の知識を理解したとしても、長文読解や英作文の問題を解くことができるようになるには、ある程度の訓練が必要となります。そのため、英語の総合的な知識や能力を試される受験に合格するには、なるべく早めに復習に手を付けることをお勧めします。

 

また、定期テスト対策の学習方法には三段階の手順があります。まず最初は、新出の単語と熟語の意味とスペルの暗記です。次に、新出の文法事項を理解するために、多数の例文で演習を行います。最後に、教科書の本文の日本語訳と英語訳をできるようにすることです。そうすることで、8割以上の得点を期待することができます。

理科

身の回りの現象や自然現象を観察する力を養います。

理科という科目は、日常の自然現象と密接 に関連しているため、理科を学習する際は 実 際の現象と結びつけることが理解への近道で あると言えます。 但し、学習の目的はあくま でも試験で高得点を取ることであるため、深 入りすることは禁物です。

 また、理科という科目は大きく分けてさらに 二つの分野に分けられます。 主に計算力が求 められる物理や化学と、主に暗記力が求めら れる生物や地学です。

 自分が文型科目が得意と自覚しているので あれば、生物や地学が得意となる可能性があ ります。また、理系科目が得意と自覚してい るのであれば、物理や化学が得意となる可能 性があります。 これらを自覚し、意識する事 で自分の得意分野を作りましょう。

社会

テキスト・アプリ・口頭試験による確認テスト

社会で学ぶ内容は、大人にとっての常識です。社会に関する豊富な知識があれば、その後の人生が豊かなものになるでしょう。社会という科目は世の中に関心を持つことから始まります。多くの場合が無機質な暗記に陥りがちですが、勉強という枠にとらわれずに接すると興味が湧きやすくなる科目の一つです。

推薦する参考書や問題集

みるみるわかる 数学の要点

本書は以前よりご愛用いただいていました『数学の要点』を「さらにわかりやすく,使いやすい教材」へと改訂・改良したものです。

「生徒が苦手意識を克服し,数学が得意になる」ことを念頭に置き,掲載する問題を時間をかけて十分に精査しました。

また,解説・解法についても基本から細かく記述しています。生徒が自学自習できる教材でありながら、一斉授業にも使っていただける内容に仕上げました。

勉強していく上で,生徒自身が学力の向上を肌で感じることのできる教材です。

※​つむぎ出版HPより抜粋

<コメント>
数学が苦手、数学が嫌いという人にオススメの一冊。要点がシンプルにまとめられていてとても読みやすいです。

みるみるわかる ステップ式数学

中学の数学に関する塾専用教材は,既に数多く出版されています。しかしながら,当社が目指す,一斉授業にも個別指導にも使え,さらに学力の定着を確認できる充実したチェックテストをも兼備した教材はありません。

本書はそのような現状を踏まえ,当社併設塾で数年間にわたり数学指導を研究してきた講師を中心に「究極の数学教材」を目指し,3年の歳月をかけて開発されたものです。

※​つむぎ出版HPより抜粋

<コメント>
基礎から応用まで広範囲に及ぶレベルの問題に対応。テーマごとに明確なカテゴリー分けがされている。従来の解説とは異なるオリジナリティが光る。教育現場の声を取り入れた教材という印象を受ける。

小学・中学・高校のための学びの場

体験授業・資料請求・お問い合わせはこちらから

075-591-9001

平日10:00~22:00 土曜10:00~20:00

​小学生

  • 作文

  • プログラミング

  • 英語

  • ​算数

〒607-8178 京都府京都市山科区大宅​五反畑町1-27

小学・中学・高校のための学びの場

中学生

  • 数学

  • 英語

  • 理科

  • 国語

  • ​社会

​高校生

  • 数学

  • 英語

  • 物理

  • ​化学

椥辻 東野での塾は数理科ハウス|京都市山科区の塾|中学受験・高校受験・大学受験を目指す人のための基礎学力・応用力・発展力を育む教育機関です。京都市山科区大宅,音羽での個別指導はお任せください|LD(学習障害)の分野に精通した社会人講師が授業を担当します|地下鉄東西線椥辻駅・東野駅から徒歩10分

当サイトで配信されている、画像・テキスト・音声・動画などの著作物は著作権法により保護されています。
これらの著作物の複製や、転載、それに準ずる行為を本校に無断で行うことは、著作権法で認められる場合を除き、固く禁じます。

Copyright © 2017 by 数理科ハウス All Rights Reserved.