小学生

小学生の段階でどれだけ知的活動を行ってきたか、学習習慣が付いているかどうか、学習内容を理解しているかどうかが今後これからの長い人生のための土台作りになります。特に以下のような特徴のある生徒さんは塾やご家庭での知的活動を行う習慣が必要です。

算数

計算ドリル 
計算は言わば技術です。技術はすぐに身につくものではありません。なぜなら、膨大な経験が必要だからです。従って、計算力を身につけるためにはドリルという形式で大量の計算を行う必要があります。計算力とはセンスではなく、努力の結晶なのです。

思考力開発
論理的思考の能力開発の一環として、当塾では「算数ラボ」という一風変わったテキストを使っています。これは計算問題のように反射的に解ける問題ではなく、よく考えないと解けない問題が多く揃っています。このような問題に触れることで、じっくり考える習慣が身につきます。学習の正しい姿勢が身につきます。問題のバリエーションも豊富であるため、飽きにくい内容になっています。

国語

語彙力
多くの言葉を知ることは見聞を広げることのきっかけになるだけでなく表現の多様性を豊かにします。語彙力を増やすことは、様々な情報を吸収して自分の考えを豊かに表現することができるようになります。

長文読解
文章の意味を正しく捉えられているかどうかを確認するために読解問題を解いてもらいます。それによって複雑な文章を理解できるようになり、物事を深く考えることができるようになります。

英語

英語という科目は、学習の積み重ねが必要な科目です。つまり、中学一年生の授業で学ぶ英文法の内容を理解していないと、その後の英語の学習に支障をきたすことになります。そのため、今の段階で英語の成績が振るわない生徒さんは、復習することを提案します。 


また、英文法の知識を理解したとしても、長文読解や英作文の問題を解くことができるようになるには、ある程度の訓練が必要となります。そのため、英語の総合的な知識や能力を試される受験に合格するには、なるべく早めに復習に手を付けることをお勧めします。


また、定期テスト対策の学習方法には三段階の手順があります。まず最初は、新出の単語と熟語の意味とスペルの暗記です。次に、新出の文法事項を理解するために、多数の例文で演習を行います。最後に、教科書の本文の日本語訳と英語訳をできるようにすることです。そうすることで、8割以上の得点を期待することができます。

理科

理科という科目は、日常の自然現象と密接 に関連しているため、理科を学習する際は 実 際の現象と結びつけることが理解への近道で あると言えます。 但し、学習の目的はあくま でも試験で高得点を取ることであるため、深 入りすることは禁物です。

また、理科という科目は大きく分けてさらに 二つの分野に分けられます。 主に計算力が求 められる物理や化学と、主に暗記力が求めら れる生物や地学です。
自分が文型科目が得意と自覚しているので あれば、生物や地学が得意となる可能性があ ります。また、理系科目が得意と自覚してい るのであれば、物理や化学が得意となる可能 性があります。 これらを自覚し、意識する事 で自分の得意分野を作りましょう。