講師紹介

 

代表

1981年生

函館ラ・サール高校卒業
早稲田大学理工学部建築学科卒業
京都大学大学院建築学専攻中退
京都橘大学健康科学部心理学科通信教育課程卒業
当塾の運営に加えて、大学生に対して数学・物理・理工系専門科目の指導

​発達障害学習支援サポーター

日本LD学会正会員

当塾は私が個人で経営している個別指導学習塾です。私は小学・中学生時代は教育熱心な両親のしつけによって、毎日机に向かう習慣がついていました。しかし、毎日まじめに勉強をしていたわけではありません。机には向かうがボーっとする時間もあったかと思います。テスト前になると気持ちを切り替えて勉強に没頭していました。

高校は北海道の進学校に進学し、そこで3年間寮生活をしました。多くの友人と寝食を共にし、友情を育んだだけでなく、優秀な成績を収めた友人がどのような生活を送ってきたかも目の当たりにすることができたことは、貴重な経験でした。

現役は若気の至りで滑り止めを受けずに、東北大学工学部を受験しましたが残念ながら不合格となり、1浪の結果、早稲田大学理工学部建築学科に進学しました。学業の他にも音楽活動を中心に勉強以外のことに興味を示すようになりました。他大学の学生とバンドを組んで、都内のライブハウスでライブをしていました。周りの友人が就職・進学の準備をし始める空気を察して私も自分の進路について考えるようになり、一念発起して大学院への進学を決意しました。内部進学ではなく他大学進学ということから、人一倍の努力が必要であったため、夜な夜な研究室に泊まっては徹夜を繰り返す日々が続き、その甲斐あって滑り止めの東京工業大学大学院と共に本命の京都大学大学院なんとか合格することができました。

大学院では大地震に対する超高層建物の補強方法の研究しました。世界一規模の実験施設であるE-ディフェンスにて実物大の建物を用いた実験に携わりました。その頃、研究と並行して塾講師のアルバイトをしていましたが、次第に生徒に数学や物理を教えることの面白さを感じ始め、いつの間にか大学院を中退して中高生対象の学習塾に就職して教室長として数学・英語の講師を担当するまでになりました。その後、生徒さんにとって理解ある講師になることを目指し、京都橘大学の通信課程にて心理学の学士を取得しました。

当塾の他、大学院受験・編入学受験・大学受験予備校で数学・英語の授業を、修成建築専門学校では、大学への編入学を希望する生徒に対して数学の授業を担当しています。多くの人たちが将来の選択肢を広げることができるよう、基礎学力である数学と英語の学力の向上のために当塾をご利用いただければと思います。

人間誰でも不得意なことはあります。しかし、不得意なこと・嫌いなこと・やりたくないことから逃げていてはいけません。今後の長い人生の中で、思い通りにいかないような壁にぶつかることがあるかもしれません。その時、解決しようと立ち向かっていく強い心が求められます。勉強を通して自分を見つめ直すことで心が育つのです。

  
様々なことを深く知ることで社会にとって必要な存在となり、自分の努力次第で大きな夢を実現できるかもしれません。教育を受ける権利は全ての子どもに平等に与えられています。せっかく与えられた機会を十分にいかして勉強に対して真剣に誠実に取り組みましょう。 

 生徒さん一人一人が持つ適性や知能は異なり、それに応じた適切な教授方法も存在します。様々な生徒さんに対して理解ある学習塾にしていければと考えております。  

数ある学習塾の中から当塾を選んでくださった生徒さんとその保護者の方々に対して、誠意を以ってお手伝いさせていただきます。是非、一度体験授業にお越しください。